髄膜炎①

今日は去年、入院したことを書こうと思う。
去年の6月に「髄膜炎」という病気にかかり入院した。
朝起きて床に置いてあった物をとろう前屈みになった。
そこから起こしたときに頭に激痛と吐き気が襲ってきた。
偏頭痛持ちなんで、あー今日は酷いわ!くらいにしか思わなかったけど、夕方になるに連れて熱ぽく感じてきた。
子どもの送迎があるんで、そんなことも言っていられず。往復1時間15分の運転は何とか頑張ろうと思った。
帰りは旦那が迎えに行ってくれるから。

何とか送迎をして家に着くとそのままベッドへ。
気が抜けたせいか、どんどん熱が上がっていきそれと同時に頭に激痛が走った。

その激痛は首までいき、痛い痛いと泣きわめきたくなるような気持ち悪いものだった。

確実に偏頭痛ではないな。
まぁ、風邪の酷いやつだろって思ってそのまま過ごした。

夜22時に子どもが帰宅。

我が家はその時間から始まる部分もあるから1日が非常に長い。

やっと落ち着くのが日付が変わった頃。

深夜になり、どんどん痛みは増して今度は嘔吐を繰り返した。
きっとあまりの激痛から感覚がおかしくなり吐き気まできたのだと思う。
若い時は今よりも生理痛が激しくて嘔吐を繰り返していたので、経験からそんなところだろうと この時点でも安易に考えていた。

それでも病院に行こうとも思わずね。
寝りゃ治るでしょくらいだった。

結局一睡も出来ず、高熱と頭痛と嘔吐で朝になった。

熱は39度だったので一人で病院に行くことが辛くて旦那が午後は半休を取ってくれた。
娘の送迎のためにも半休を取ってくれたんだろう。

近くのクリニックに行くと、喉も赤くないし風邪の症状ではないと言われた。

寝て首を持ち上げられると鈍い痛みが走った。
足を持ち上げられと首に響いて、声が出た。

するとMRIとCTを撮れる病院を紹介するのでお代はいらないからすぐに行ってくださいと言われた。

風邪薬を貰うだけのつもりだったのに、本当に悔しかった。

なんでだよ!って思った。

そのまま、旦那に総合病院に連れて行って貰った。
18時頃。

ちなみに娘の送迎は済ませてあった。

紹介状を渡して、MRI。
院長先生が診てくれたが診断は・・・。

不明。

とりあえず痛み止めを出すからと。
その間も頭の激痛で苦しみながら、何とか帰宅。

痛み止めをもらうだけのために病院2件もハシゴして、これだから病院って行きたくないんだよ!って文句を言いながら泣いた。

すぐにボルタレンという座薬を入れた。処方される痛み止めでは一番強いかと思う。
その薬のおかげで熱は下がった。
でも何かおかしい。
ただ熱が下がってるだけで具合が悪い。
でもいいや!このまま下がるかもしれないし!と思い、娘の帰宅を待った。

そして夜中1時頃。

熱は40度に上がっていた。
嘔吐の繰り返しと激痛がますます酷くなった。

体を小さくして毛布に包まりジッと耐えた。
もちろん一睡もできず朝になった。

旦那は熱が40度もあるんだから病院行けよ!って言いながら仕事に行った。
娘は学校へ。

昨日の病院ハシゴは何だったの?
結局40度にもなり・・と
のたうち回りながら一人で近所のクリニックへ。

倒れるように病院に着いたので、
看護師が何事か!とすぐにベッドに運んでくれた。

とりあえず、嘔吐が酷く脱水になっていたので500の点滴を3本入れることになった。

何故、昨日の時点で入院じゃなかったんだろう?とザワザワしていた。

少しでも寝返りを打つと頭に響き、その度に悲鳴を上げていたので その様子からもおかしいと感じたらしく、先生がこのまま帰すわけにはいかない、点滴を入れてから救急車で病院に搬送しますと言ってきた。

私はよく分からなかったけど、
この時、記憶が飛んでしまい、意味不明なことを言ったり質問にも答えることが出来なくなり、おかしくなっていたらしい。

クリニックの先生は親切に娘の学校に連絡をして、いろんな手配をしてくれた。

しばらくすると救急車がきた。
車椅子で運んでもらい、頭を動かさないように気をつけながら乗せてもらったことは感覚で覚えている。

病院に着くと再びMRIを含めて血液検査やさまざまな検査をした。

とりあえず すぐに分かる結果を見ると、
これまた原因不明。

このまま入院をさせたいがベッドの空きがないと言われ・・・・
なんと、、、帰るはめになった、、、
この時点でボルタレン座薬使っていたので一旦は熱が下がっていたのだ。

嫌な予感しかしなかったが、ベッドの空きがないなら自宅で寝てた方がいいよな。

嫌な予感というのは
熱が下がる気配をまったく感じられなかったから。
自分でも薬で無理やり下げられてるのが感覚で分かったから。

さらには40度近い高熱ということ。熱が出るというのは確実に何らかの原因があるんだから。

ーつづくー。

コメントを残す

UA-112766534-1